酒井駒子『BとIとRとD』

 

皆さま、こんにちは。小暮です。

今日は絵本特集3日目になります。

酒井駒子著『BとIとRとD』について。

 

以前にもご紹介した酒井駒子さん

前の記事はこちら。

glleco.hateblo.jp

なんとも残念な結果に終わりました……。

私はこの方の絵の大ファンで、張り切って書いたというのにミスだらけで。

できるものなら再挑戦したいと考えていましたが、

このたび『BとIとRとD』をなんとかご紹介できそうです。

以前の記事においてミスがらみで登場した本でもあるので、

是非とも挽回したく思います。

スポンサードリンク
 

『BとIとRとD』

 表紙の柔らかそうなボブの髪の女の子は主人公の□ちゃん。

その髪は淡いピンク色に描かれていて、

黒い画面に浮かび上がる白い椅子とテーブルの席につき、

二羽の白い小鳥が傍らにいる……そのイラストが、

マスキングテープで貼り付けられているという素敵なデザインです。

以前の記事で(間違えて)

”心配になるくらい神経質”と書きましたが、

収録されている中でも『お友達』『幼稚園』が特にそう思いました。

『お友達』は特に……ただ、可愛い、微笑ましいでは終わらない、

気難しさ、育てにくさを感じさせる子で、

この子が大きくなるまで、どれだけ傷つくだろうとか、

親御さん頑張りどころだなとか、いろいろ考えてしまいました。

 

まとめと感想

タイトルを意識して、ところどころに鳥が配置されています。

図書館で本を読んでいる□ちゃんの傍に鳥がいたり、

小さい子の日常を描いていながらファンタジックな絵柄です。

酒井さんの絵の特色である黒と、浮かび上がる白い子供たち。

やはり幻想性を感じさせます。

この本が子供向けかといわれると、首を傾げてしまう。

文字も結構多めですし漢字もかなり使っています。

子供の繊細な世界の表現についても、むしろ大人向けな気がしました。

私の場合、絵本は主に絵を楽しむのですが、

(ゴーリー作品のように異色のものもありますが)

絵の素晴らしさはもちろん、

余韻ある映画を観たあとのように、読後考え込んでしまった一冊です。

明日は絵本特集ラスト、ケイト・グリーナウェイの予定です。

スポンサードリンク
 
広告を非表示にする