酒井駒子『金曜日の砂糖ちゃん』

 

皆さま、こんにちは。グレコです。

今日は酒井駒子著『金曜日の砂糖ちゃん』について。

 

この作品について

三つの短編を収めた絵本です。

一本目に収録されている表題作は、金曜日の砂糖ちゃんと呼ばれる女の子の

お昼寝の時間、その寝顔を見つめながら“お庭の友だち”が囁きます。

二本目は、繊細な女の子が“ひとりのじかん”を大人に奪われる瞬間を集め、

少年が帰り道の道草でオルガンを見つけるお話。

三本目は、両親の寝静まった夜、どこかへ行ってしまおうとする女の子が描かれています。

スポンサードリンク
 

その絵について

この作家の絵柄は、黒を基調とした色遣いが特徴的で、

それが可愛らしい子供たちの絵を浮き上がらせ、

ハッとするほど印象的です。

黒という色のせいか、

のどかな情景のはずなのに何か胸騒ぎを覚えるような、

謎めいた美しさがあります。

 

その心を読み解けば

この絵本に収録されているお話は、

単純な子供らしさとは無縁で、特に二本目は心配になるくらい神経質

絵柄ともども、非常に芸術性の高い作品だと思います。

それでも、この本が大人向けなのかと問われれば、

否と答えることになるでしょう。

 

幼い子供たちの想像力は豊かなもので、

黒に塗り潰されたように見える、その向こう側の色彩を、

きっと見出してくれるのではないでしょうか。

明日はボーモン夫人『美女と野獣』の予定です。

それではまた。

 

15.8.22. 一部訂正

『金曜日の砂糖ちゃん』の二本目に収録されているとした内容が

間違っておりました。

正しくは少年が主人公の『草のオルガン』で、

ご紹介したのは『BとIとRとD』の内容でした。

お詫びして訂正いたします。

スポンサードリンク
 
広告を非表示にする