読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少納言の忘れえぬ人?清少納言『枕草子』~橘則光篇~

皆さま、こんにちは。小暮です。4月です。 今回は清少納言「枕草子」より、橘則光に焦点を当ててみたいと思います。 清少納言の最初の夫・橘則光 橘則光は清少納言の最初の夫です。一子をもうけますが離婚。その後、少納言が宮仕えを始め、宮中で再会してか…

打てば響く、中宮定子と清少納言の面白いやりとり。角川ソフィア文庫『枕草子・上』より

皆さま、こんにちは。小暮です。 今回は「枕草子」を。私は角川ソフィア文庫の「枕草子 上下」を愛読しているのですが、その上巻に焦点を当ててみたいと思います。中宮定子と清少納言の面白エピソードのほか、少納言のユーモアや美意識が感じられる段もご紹…

「寛仁の君」と呼ばれた若き君子。清少納言『枕草子』〜一条天皇篇〜

皆様、こんにちは。小暮です。11月です。 今回は「枕草子」より、一条天皇・懐仁について取り上げたいと思います。 一条天皇について 第66代天皇である一条帝は、わずか7歳で即位しました。枕草子に出てくるのは主に10代後半の姿です。父は円融天皇、母は藤…

毒舌の裏に涙の人生あり。田辺聖子『小説枕草子 むかし・あけぼの』

皆さま、こんにちは。小暮です。お久し振りです。 読了まで随分かかってしまいました。しかし、ずっと読みたかった田辺聖子氏の『むかし・あけぼの』を読み終えることができ、大満足です。以下、早速感想など。 まず小説化に拍手! 枕草子は、清少納言が日常…

『枕草子』を読みやすく。オススメの関連書籍いろいろ。『むかし・あけぼの』『大鏡』『権記』ほか

皆さま、こんにちは。小暮です。 今日は枕草子の関連書籍をいくつかご紹介したいと思います。 『むかし・あけぼの』田辺聖子 初っ端から恐縮ですが、未読です。 +16.2.1.追記。読みました。感想はこちら。 glleco.hateblo.jp すごく読みたい本の一つという…

野心家の貴公子。清少納言『枕草子』~頭の中将斉信篇~

皆さま、こんにちは。小暮です。 久々の枕草子です。今日は頭の中将・斉信についてご紹介します。 頭の中将・藤原斉信について 道長の腹心として知られる人物です。 道長の側近たち”四納言”の中でも最も道長に近い人物でした。 同じ四納言で、ともに枕草子に…

天性の物書き。清少納言『枕草子』~清少納言篇~

皆さま、こんにちは。グレコです。 今日は『枕草子』の作者、清少納言について。 人物について 歌人・清原元輔の娘として生まれました。 名は諾子というのではないかといわれています。 歌人の娘で、学問の非凡な才を持っていたのに、 何故だか和歌が苦手だ…

辣腕政治家の若き日々。清少納言『枕草子』~頭の弁行成篇~

皆さま、こんにちは。グレコです。 今日は頭の弁行成に焦点を当ててみたいと思います。 頭の弁行成について 頭の弁というのは役職名で、弁官を兼ねている蔵人頭のことです。 行成は、歌才と美貌で名高い藤原義孝の子として生まれましたが、 父親が夭折したた…

光と影の一族。清少納言『枕草子』中の関白家篇

皆さま、こんにちは。グレコです。 今日は定子の実家である中の関白家の人々について。 『枕草子』以外の資料からも、ご紹介したいと思います。 道隆 中の関白。定子の父親です。 枕草子には明るく冗談好きな様子が描かれています。 「宮(定子)は私にお着…

少納言が仕えた永遠のヒロイン。清少納言『枕草子』~中宮定子篇~2

皆さま、こんにちは。グレコです。 今日は昨日に引き続き、中宮定子に焦点を当ててみたいと思います。 エピソード4 『無名といふ琵琶の御琴を』 一条帝が定子の元を訪れたときのエピソード。 笛の名手である一条帝は音楽が大好きだったようで、 琵琶を持っ…

少納言が仕えた永遠のヒロイン。清少納言『枕草子』~中宮定子篇~1

皆さま、こんにちは。グレコです。 今日は『枕草子』の連載第一弾として、 中宮定子に焦点を当ててみたいと思います。 中宮定子について 清少納言の女主人で、一条天皇の后です。 推定ですが、少納言より11歳年下で、夫の一条帝より3歳年上です。 長く唯一の…

食わず嫌いに読んで欲しい。実は面白い『枕草子』2

皆さま、こんにちは。グレコです。 今日は昨日に引き続いての『枕草子』であります。 初っ端から2回にまたがるとは思わなんだ。 さて今日は、枕草子における私のお気に入りエピソードの二つ目。 だいぶ偏ったチョイスのような気がしないでもないですが、 い…

食わず嫌いに読んで欲しい。実は面白い『枕草子』1

皆さま、はじめまして。グレコと申します。 今日から始まった、この読書メモブログ。 最初に取り上げるのは、『枕草子』です。 枕草子について簡単に あまりにも有名な古典の名作ですね。 作者は言わずと知れた清少納言。 冒頭の『春はあけぼの……』のくだり…