読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホラーが苦手でも大丈夫。しっかり笑える怪奇モノ『アダムスファミリー』『キャスパー』『怪奇大家族』

その他

 

皆さま、こんにちは。小暮です。

今日から“脱線の3日間”と題しまして、

いつもご紹介している文学や絵本ではない

おすすめの作品について書いていこうと思います。

第1回目は、怪奇系の映像作品3本立てです。

 

『アダムスファミリー』

今となってはだいぶ古い映画ですが、有名どころ。

ブラックユーモアなのは確かですが、ややオカルト要素があるだけで、

大人も子供も楽しめるコメディ映画だと思います。

子供の頃にテレビ放送で観ましたが、

実際これほど忌憚なく笑える映画は初めてでした。

クリスティーナ・リッチが演じたウェンズデイが夢に見そうなくらい。

弟のバグズリーとの劇の出し物のときは爆笑しました。

(決闘の場面で、血糊を仕込みすぎて、観客が赤黒く染まるという)

なんだかんだでものすごく家族仲がいいんですよね。

ちょっと風変わりなだけで、ある意味、一般家庭より幸せそう。

ちりばめられた伝統的なオカルトのディティールに

ニヤリとさせられます。

1が最高です。2は限りなく蛇足。

『キャスパー』

実写+アニメーションで表現された映画。スピルバーグ監督作品。

オバケ屋敷ホイップスタッフを巡り、

金満家の思惑や、幽霊セラピーの博士、

そして、その娘とオバケの少年との交流が描かれます。

イップスタッフに住み着くのは、

3人の意地悪なオバケと心優しいまだ少年のオバケ・キャスパー。

友達がいなくて孤独なキャスパーは、

幽霊セラピー専門のハーヴェイ博士に連れられてきた

博士の娘のキャットと友達になろうと奮闘します。

当然のことながら、最初は怖がられてばかり。

ですが、次第にキャットは彼を信頼するようになり、

キャスパーと心温まる交流が生まれます。

オバケ映画ですがハートフル。

キャスパーは素直でとても可愛らしい子です(オバケだけど)。

改めて考えると、キャットパパの幽霊セラピーて一体。

因みにキャットを演じるのはクリスティーナ・リッチです。

怪奇大家族

2004年に放送された高橋一生さん主演のテレ東系ドラマ。

ホラー映画監督の清水崇氏が手がけたドラマです。

ホラーは大の苦手でとても観られない私ですが、

そんな人間でも気楽に見られる怪奇コメディ。

毎週怪事件に巻き込まれる主人公。

幽霊の女性に惚れられて、つきまとわれ、

しかしその面倒を見てしまうくらい、彼はお人好しでちょっとドジ。

そんな主人公のサマにならない立ち回りで、

怪事件はいつも笑える方向に。

始まりはかなり怖いんですが、毎度安心のドタバタB級劇です。

深夜の放送にもかかわらず、毎週楽しみに観ていたなあ。

室井滋さんが母親役でしたが、天然系のお母さんで、

それまでのイメージになかったのに、

見事に嵌まっていたのも良かったです。

明日は“脱線の3日間”2日目『8人の女たち』の予定です。

それではまた。

スポンサードリンク
 

+15.9.16.一部修正