読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビアトリクス・ポター『ピーターラビットのおはなし』と映画『ミス・ポター』

絵本 その他

 

皆さま、こんにちは。小暮です。

只今ヴィクトリア特集中です。

今日はビアトリクス・ポターピーターラビットのおはなし』と

映画『ミス・ポター』について。

 

ピーターラビットのおはなし』

お母さんうさぎに青い上着を着せてもらったピーター。

f:id:glleco:20151004173746j:plain

お母さんの留守中に、約束を破ってマグレガーさんの畑に出かけ、

野菜を食べてしまいます。

f:id:glleco:20151004174134j:plain

このあと、マグレガーさんに見つかって、大変な目に。

なんとか逃げ出したピーターですが、上着を落としてしまいます。

その上着は、マグレガーさんの畑の案山子にされてしまいます。

スポンサードリンク
 

絵本の感想

図書館で見つけたピーターラビットの絵本は

てのひらサイズでとても可愛いものでした。

優しい色合いの水彩画の絵もステキです。

ピーターは熱を出してしまったり、だいぶ大変な目にあいますが、

お母さんに上着を着せてもらうときの表情や

いたずらっ子でワンパクなのも小さな男の子らしい。

昔話やお伽話に出てくる動物キャラクターは、

したたかであんまり可愛らしく描かれていない印象がありますが、

ピーターラビットは愛情たっぷりで描かれているなあと感じます。

ビアトリクス・ポターについて

ポターは1866年、以前の記事で少し触れたアッパーミドルの

家庭に生まれました。

glleco.hateblo.jp

大変裕福な家庭で、当時の良家の子女の習いに従い、

学校には行かず、家庭教師から勉強を教わりました。

ポターは後年「学校には行かなくてよかった。個性が潰されてしまったろうから」と述懐しています。

幼い頃から絵を描くのが好きで、動物を可愛がる、感性豊かな少女だったようです。

f:id:glleco:20151004180208j:plain

映画『ミス・ポター

レニー・ゼルウィガー主演の映画。ビアトリクス・ポターが主役です。

ロンドンの暮らしに馴染めず、結婚にあまり乗り気になれないビアトリクスが

絵本を出して作家となり、その出版が縁で最初の恋人と出会います。

しかし、婚約後わずか1ヶ月で恋人は帰らぬ人に……。

失意のビアトリクスは湖水地方に移り住み、牧歌的な生活を始めます。

ピーターラビットのイラストが随所でCGによって動き出すのが愛らしい。

おとなしくて、親に従順なビアトリクスが、

自立して芯の強い女性へと成長していく物語です。

スタートが遅い彼女……それでも人生を切り拓けると、励まされます。

静かで情趣に富んだ映画です。19世紀のファッションも堪能できます。

ヴィクトリア朝特集の連載はこれで一応終了になります。

ありがとうございました!

ヴィクトリア朝に関しては、また時々書いていこうと思っています。

 

次回は10月10日更新予定です。

それではまた。

スポンサードリンク